住みやすい家をつくる【注文住宅で0からのデザイン】

業者の選び方

一軒家

業者の知識と経験に頼る

京阪沿線の戸建てを購入する時に必要不可欠なのは、信頼できる業者選びです。人生において最も高額な買い物となる戸建てですから、パートナーとなる業者の良し悪しが、その後の京阪沿線での生活を大きく左右します。また、ほとんどの人は不動産に関わる専門知識を持ち合わせていないため、購入手続きは業者に依頼することが多くなります。よい業者を選ぶことにより、最適な戸建て物件を手にすることが期待できます。それでは、京阪沿線の物件を扱う、よい業者を見分けるポイントを以下に見ていきましょう。まずは、候補となる業者が、実際に京阪沿線で家を建てている現場に足を運んでみてください。そこでは、清掃や整理整頓が行き届いているかを確認します。現場がきちんと片付いているかどうかは素人目にも分かりますし、片付いているようであれば、いい仕事をしていると判断できます。特に複数の業者を比べてみれば、その差は一目瞭然です。次に、実際に作業をしている職人さんの話を聞いてみましょう。質問内容はズバリ、自分なら元請けのハウスメーカーから家を買うかどうかです。とても聞きにくい質問かもせれませんが、現場の職人さんはその会社のやり方を熟知しているはずです。戸建ては一生に一度の買い物ですから、遠慮せずに聞いてみましょう。最後に、候補となる業者が2〜3年の間に手がけた家を案内してもらいましょう。すぐに案内してくれるようであれば、特に問題はないと言えます。